【ラグーンタワー:オーシャンフロント】お部屋紹介(3)2つの寝室

Aloha 🌺✨

今日は、ラグーンタワー・オーシャンフロント(以下ラグーンOF)の寝室について。
ラグーンOFは、2つ寝室があります。


では、まず一番奥にある「マスターベッドルーム」から。


ごちゃごちゃと文字入れしましたが、寝室ごとにバスルームとクローゼットがついています☝✨


マスターベッドルームのクローゼットは、このように扉に大きな鏡がついていました。


開けてみると…タオルやトイレットペーパー、金庫などがあります。
残念ながら…、長いスカートやマキシワンピースなどは、そのままではかけられないタイプですね。

では、バスルームの扉を開けてみましょう。


こちら洗面台。台の下は何もなく、引き出し等の収納もありません…。
そして、タオルハンガーもないんですね…。
アメニティはココナツの良い香りがしました😌


シャワーは嬉しい可動式だったのですが…


バスタブがなく、足元はタイル。
なんだか学校のプールを思い出してしまいました。


そしてトイレ。ウォシュレットではありませんでした。
でも、以前ラグーンOFに滞在した方は「ウォシュレットだったよ」とおっしゃっていたので、順次変わっていっているのかもしれませんね。


マスターベッドルームの窓はこのような感じになっています。
このブラインドの扉は開けられるようになっています。


ここからの眺めはイリカイマリーナ・ビューです。

続いて、寝室その2


隣のお部屋の扉を開けてみましょう。


シングルサイズのベッドが2つ。
このベッドのカラー…カリアタワーと同じですね。
そして私だけでしょうか?この色合いから、どうしてもホノルルクッキー・カンパニーを思い出してしまうのは…😅


クローゼットは、このような感じでマスターベッドルームと同じく、真ん中に段があるので、ワンピースなどの長いお洋服などはそのままかけられないです。せめてどちらかのクローゼットは中段がないタイプにしてほしいところですよね。

そして廊下を挟んで、バスルームがあります。


こちらの洗面台は、下に引き出し等の収納スペースがあり便利だったのですが、マスターベッドルームと同じくタオルハンガーがついてなかったんですよね…。


こちらはバスタブがあります。


シャワーも可動式です。
私はマスターベッドルームで休みつつも、洗面台もシャワーもこちらの方が使いやすかったので、バスルームはこちらを利用しました。


トイレはこちらも、普通のトイレでウォシュレットではありませんでした。


お部屋の窓そしてビューも、マスターベッドルームと特に変わりありません。

正直、他の新しいタイムシェアと比べると、古さを感じること、不便さを感じることは否めませんが…、すべてラナイからの眺めが消し去ってくれます!!

先日も書きましたが、ここからの眺めは、他の何ものにも代えがたいです。
いくらグランドワイキキアンにはお部屋に洗濯機&乾燥機が付いていようが、ホクラニの立地がよかろうが、私はここからの景色に勝るものはない!と感じました。

ここからの景色は何ものにも代え難い...ラグーンタワーのオーシャンフロント

2018.02.24

とりあえず、ラグーンOFのお部屋の紹介はここまで。
また、このお部屋からのサンセット、ラナイでの朝食、花火鑑賞の様子など、追ってupしたいと思います。

Mahalo 🌈✨